テスト動画表示領域

 

製品情報

タスカルシート

タスカルシート

ご利用中の椅子の座面に載せて使う、座布団タイプの『立上り自助具』です。
立ち上がろうとした時、力強くお尻を持上げてくれます。
立ち上がりを介助する方も、負担が軽くなり、楽。
車椅子・ソファー・ダイニングチェアなど・・・使いたいところで使えます。

動画で見る動画で見る

●ダウンロード

タスカル シート(Tascal Seat)の特徴

健康寿命の維持には『立って、歩く』ことからと言われます。

タスカルシートは、その最初の第一歩。

立ちたいあなたをアシストし、立たせてくれる『起立補助座面』です。


タスカルシートの4つの特徴

その1:ピッタリにチューニング 

  • 座面は2サイズ。MサイズとSサイズがあります。
  • 利用者さんの想定体重は、30~100kgです。
  • 利用場所は、車椅子から、ソファー、ダイニングチェア でも。

その2:安全に使える仕組み

  • 座ったら、座面を水平にオートロックします。
  • 立ちたい時は、ハンドルでオートロックを解除します。

その3:エコでコンパクト

  • 電源不要です。
  • 使いたいところで使える座布団タイプです。

その4:座り心地がいい座面

  • 痛くなり難いクッション座面です。(特許出願済)
  • 水が滲み込まない柔らかな防水生地を使用しています。

今、お使いの車椅子や椅子の座面に載せるだけで、すぐに使える座布団タイプです。

  • 取付、載せ替えが簡単
  • 電源不要

利用者さんの立上ろうとする意欲をお手伝いするアシストタイプです。

  • 強力な押上げ力で、利用者さんの体重の25~50%分を持上げます。利用者さんは自力で 立ち上がることになります。
  • 介助する人は、利用者さんの残りの体重を補助すればよいので、負担が軽くなります。
  • 機種にも拠りますが、持上げ力は最大37kgまで調節できます。介助に要する力が最大37kg軽くなります。

安全・安心・簡単に使用いただけます。

  • 着座すると座面がオートロックされ、着座中は利用者が持上げられることはありません。
    (他の一部の機種のように着座姿勢を変えた時、座面から滑り落ちてしまう危険がありません。)
  • 立ち上りたい時は、指1本で軽くロック解除ハンドルを操作してください。
  • 再度着座する時は、再びオートロックされます。
  • 勢いよく着座しても、ショックを受け止めてくれますので、首がのけぞる心配がありません。

長時間着座しても痛くなりにくい座面構造です。

  • 『タスカル シート』独自の特許構造です。

『タスカル シート』の選び方

起立補助座面『タスカル シート』は、ご利用者のお一人お一人に合わせて、サイズ、立ち上がりの補助力、沈み込みの抵抗力、利用椅子、化粧カバーの色などを、自由に選択できます。

以下の手順を参考に、ご利用者にピッタリの『タスカル シート』をお選びください。

  1. まず最初に、座面サイズを選択します。
    『 タスカル シート 』 のサイズは、2種類があります。
    ご利用になる椅子の大きさに応じて 『 M 』 か 『 S 』 のどちらかを選択してください。 
    椅子座面前側の肘掛柱の内幅が、42cm以上の場合は 『 M 』 サイズを、39cm以上の場合は 『 S 』 サイズをお選びください。
    (39cm未満である場合は、ご利用になれません。)
    寸法に制約がない時は、座面が大きくて座り心地の良いMサイズがお勧めです。
  2. 次に、ご利用者の体重に見合った『立ち上がり補助力』を選びます。
    通常は、体重の20%~30%を目安に選択します。
  3. 次に、着座を開始する時の『沈み込みの抵抗力』を選びます。
    大きすぎると座り込みが難しくなります。
    体重の5%~15%が目安です。
  4. 次に、どんな椅子で使用するのかを指定します。
    タスカルシートが動かないように適切な固定部品が選択されます。
  5. 次に、ロック解除ハンドルの長さ選びます。通常は、長さ100mmを選択すれば、ハンドルは軽い力で楽に操作ができます。ハンドルが腿に接触して違和感があるような場合は、長さの短い60mmハンドル、または長さ100mmの取り外し式ハンドルを選択します。
  6. 最後に、化粧カバーの色を選びます。
    椅子やお部屋にあわせてお好みの色を選択してください。

ご動画でご紹介

自助自助

ボディメカニクス応用の介助法ボディメカニクス
応用の介助法

従来の介助法従来の介助法

車椅子での介助従来の介助法(車椅子)

ご利用法

1
取り付けの映像取り付けの映像タスカルシート下面の『シートグリップ』を車椅子のシート前端に引掛け、後方へずれ動かないようにセットします。
ソファーやダイニングチェアー上で使用する場合には、付属のL型ストッパーを取り付けてください。
2
座面に『深く』腰掛けます。座り終えた時、『ロック音』が聞こえれば、座面が正しく固定された証です。
3
本体左側前端にある座面ロック解除ハンドルを、『指1本で』約45度ほど傾けてください。停止した位置が、ロック解除位置です。
ロック解除位置では、座面に持上げ力が働いています。
4
着座した状態で片足を後ろに引き、両手を椅子の手摺やテーブルの上に置いてバランスを保ち、上体を前傾して立上がります。
ご使用に慣れるまでは、前方から『介助』を受けてください。
5
ハンドルは立ち上がりの途中で元の位置へ戻ります。
6
再び着座すると、座面が再びロックされます。

タスカル シート(Tascal Seat)の仕様表

外形寸法幅42cm・奥行42cm・着座時高さ7cm /Mサイズ
 幅39cm・奥行39cm・着座時高さ6cm /Sサイズ
重量 6.1kg/Mサイズ   5.2kg/Sサイズ
押上げ力 12~37kg/Mサイズ (⇒ 適正体重25~100kg /Mサイズ)
13~27kg/Sサイズ (⇒ 適正体重25~90kg /Sサイズ)
押上げ角度 42.5度(~それ以下に調節可能)
安全装置ご利用時、座面は自動ロックされます。(解除は手動式)
動力源電源不要

※仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

ご利用上の注意(お使いいただく前に)

 立上り補助座面『タスカル シート』を安全にご利用いただくため、下記の点の遵守をお願いいたします。

詳しくは、取扱説明書をお読みください。

  1. 認知症の方、および認知に不安のある方は、タスカルシートはご利用になれません。
  2. タスカルシートを初めてご利用になる時は、慣れるまで前方から介助を受けてください。
    介助にあたる方は、事前に自ら試用して利用の感覚や操作に慣れてください。
  3. 肘掛の付いた、足裏が床から浮いてしまわない適切な座面高さの椅子と、組合せてご利用ください。
    座面高さ35cm の椅子と組合せると、タスカルシート座面高さは42cm となり、使いやすい高さとなります。
  4. 椅子は、ずれ動かないよう、床へしっかりと固定してご利用ください。
    キャスター付きの椅子や滑り易い床ではご利用になれません。
    車椅子で利用される時は、起立着席の際、両輪にブレーキをかけてください。
  5. 昇降の際、タスカルシートの座面の周囲(縁)をつかんだり、側面の柔らかく黒い布地の部分に手を入れないでください。
    指が鋏まれる危険があります。
  6. 椅子は、タスカルシートをセットした時に座りが安定していることを確認の上、ご利用ください。
    また、タスカルシートが椅子から落ちないよう、付属の固定具で固定してご利用ください。

微調節の方法

1
レバーの角度切り替えレバーの角度切り替えロック解除ハンドルは、操作し易い位置に角度を変更できます。
着座してハンドルを引き上げ、ロック解除位置に停止した後、操作しやすい位置まで更に回してください。工具は不要です。
2
持上げ力は、持上げバネの取付位置を変更することで調整できます。(+ドライバーを使用します。)
3
着座の際、足の裏が床から浮いてしまい不都合な場合には、低床式の車椅子や椅子のご利用をお勧めします。詳しくは、推奨品リンクページをご覧ください。

タスカル シート(Tascal Seat)開発の目的

 年齢を重ねると、座っている椅子から立ち上がることが難しく感じられる方が多くなってきます。
介助者が立ち上がりを助けるため、抱上げ介助を続けていると、腰痛に陥るケースが多いことが知られています。
 全国の社会福祉施設においては、介護職員の8割が腰痛経験者であり、腰痛が原因で離職を余儀なくされる方も増えている実態もあり、厚生労働省は平成26年6月18日の通達(※1参照)で、人力による人の抱上げを原則禁止し、福祉用具(機器・道具)を使用する等の予防対策を講じることを求めています。その詳細を定める『職場における腰痛予防対策指針』(※2参照)には、介助の時に持上げてよい重さは、男性の場合、自身の体重の40%まで、女性の場合は男性の60%までとされています。具体的には、持ち上げてよい重さは、体重60kgの男性の場合は24kgまで、女性の場合は14.4kgまでとなります。
 そこで、通達を受けて以降、既存の福祉機器製造・販売事業者は指針に沿った介助が出来るような機器の開発を進めるようになってきています。しかしながら、その多くは大規模施設の広い空間での使用を想定した大掛かりな設備であって、価格も高額です。

一般家庭でも利用できる小型で安価な介助具が必要です。

 一方、利用者さんの立場から見れば、椅子から立ち上ることは、歩くこと、社会活動に参加出来ること、そして生活している喜びに繋がっていきます。最初の立ち上がりを支援してくれる立ち上がり補助具は、利用者さん自らの意思で立ちあがろうとする時の自助具となり、活動の意欲を支えるものとなるはずです。
 このような状況を踏まえ、『一般家庭の日常生活でも手軽に利用が可能な立ち上がり補助用具』を実現することを目的に、『タスカル シート』が開発(※3参照)されました。

おすすめ商品

『 タスカルシート 』 39セール 送料無料 期間限定

¥39,000(税抜 ¥36,111、税 ¥2,889)

椅子からの立上りをアシストする 『 タスカルシート 』本体  Mサイズ お得セット

¥63,288(税抜 ¥58,600、税 ¥4,688)

『 タスカルシート 』 は、椅子からの立上りをアシストしてくれる座布団タイプの立上り補助座面です。座布団タイプですから、使いたい椅子の上に簡単に載せ替えができます。
お得セットを購入いただくと、部品単体を個別に購入いただく場合よりも割安です。

短期間のご利用に 『 レンタルシート 』 Mサイズ

¥9,828(税抜 ¥9,100、税 ¥728) ~

『 レンタルシート M サイズ 』 は、 『 タスカル シート Mサイズ 』 を期間を限って利用したい方向けのレンタルサービスです。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ